日本の若年人口は減少の一途。すでに賃貸戸数と入居者数とのバランスは大きく崩れ、条件の良い新しい物件から先に入居が決まり、古い物件は家賃を下げるか建て替えるしか対策はありません。普通ならば…。
満室化プロジェクトは、築年数が経過した賃貸物件の持つヴィンテージ感を活かしながら、若い人たちが好むアメリカンテイストの空間にリノベーションし、他にない魅力で家賃を上げながらも入居者を掴む、資産価値向上の提案です。
家賃を下げるしか方法のない旧態依然とした管理会社が対象。
オーナーから「なんとかしろ、切るぞ!」と脅されているが手はない。
ほとんどの管理会社は自社管理物件300室以下。
管理するとオーナーに近づけて売買も任せてもらえるだろうという目論見から
管理に対する意識は希薄。空室対策を考えていない。
方法としてフランチャイズへの加盟があるが月会費が高く、管理だけじゃペイできない。
そこで満室化プロジェクト